スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

144hzモニター再検証

気になって仕方ないので設定とか細かく確認し直してみた。

結論!

昔の記憶過ぎて美化されすぎていた!

そもそも設定が、高すぎてFPSが、144も固定できていなかった!

FPSをあげる為に設定を下げてみると ヌルヌルと言うかサラサラ?スルスル!やん!

わかったこと!

GTX980シングルごときでは、最近のゲームだと120 144FPS固定なんてほぼ最低にちかいぐらい設定を下げないと 固定出来ない…

すなわち 120 144固定は、ガチ使用!!

私のようなにわかは、60で映像綺麗やわぁ 言うてたら良いんですね!

ただ、120でゲームをすると おかしなことに快適で 目の疲れも違うし 逆に固定したくなってくる!

グラフィック上げると 細かい描写を、知らない間に見てしまってるんでしょうね。

結論!
正直グラフィックのいらないジャンルFPS RTS 格ゲーやアクションレース音ゲーなどの競技性の高いジャンルなら120 144固定の操作性は、確かに素晴らしい 逆にRPGやなんかの美麗なグラフィックにうっとりするなら 60hz固定でグラフィック設定を上げて のんびり堪能する
そういう使い方が出来ると言う事に落とし所がつきました。

実際diablo3 coh2共にグラフィック落としてやっても 初め残念やなぁ…ってなりますが いざ始まってやり出すと グラフィックなんて見てないですもんね!
なるほどなぁ…

ただdiablo3は、敵がわんさか出て 一瞬で蒸発するとFPSがガクーンと下がるので 固定は難しい それとサーバーが混んでるのかラグも酷い 

一方COH2は、そこそこキープ出来そうです。

次の課題 固定+グラフィック=Gsync or freesync 3年後目処に買うかもなぁ

要は、GPU性能がさっぱり追いついてない…そういう事ですね 3SLIの意味が分かった 

しかし、ここまでスペックいるとは 恐ろしい…






スポンサーサイト

144hzディスプレイ 購入

ディスプレイ買ってしまった!
Amazonでタイムセールだったので・・

BenQ XL2411Z

とりあえず 評価

144hzのヌルヌル感を感じたかった事が1番 とりあえずdiablo3とCOH2をやってみた感想

正直そんな変わらない orz


COH2は、120hz対応だが 正直ヌルヌル感を感じない  何故?

diablo3は若干 見やすくなったかな 程度 何故?

ウィンドウ画面でマウスカーソルのなめらかさもあまり変わってないようにかんじる 設定では、きちんと144hzになっているかも確認した。

ということは、FPS以外のゲームだとあまり恩恵が無いってことなんでしょうかね…

それより 酷いのが画面の色の悪さと明るさが おかしい 明るすぎる

モニターの設定は、さげれないところまで下げても明るいので ゲーム内のブライトを落としてようやく落ち着いた

このモニターはまさしくFPS専用で それ以外には向いていないと思う

永らくFPSをやっていませんでしたがせっかくなので今晩やってみようと思います

ブルーライト低減も色合いが著しく悪くなるので 綺麗な画面でやりたい方は 考え物だと思います 正直自分自身ビックリです ここまで特化しているものが使いにくいとは…

買ってしまったものは仕方ないので このまま使いますが 釈然としません もう少し 144hzの恩恵が感じられたらいいのですが



Gcync対応ディスプレイ

この前のボーナスから嫁が、2万くれた!

毎月少しずつ小銭を、貯めて 次に来るだろう PC入れ替え等の費用の為 コツコツ貯めているわけだが 今回のボーナスで 前々から気になっていた 120khzや144khz対応ディスプレイ 倍速液晶みたいなもん がほしくてたまらなくなっている。

倍速液晶に度肝抜かれたのは、会社の先輩のパソコンを、買いに行った時にディスプレイの展示機が 比較されて置いてあった 先輩も私も 目を、疑った。

この時は、勿論出たてで 買えるわけもなく 今の液晶もまだまだ使えるので 勿体ないしなぁって感じだった。

その2年後ぐらいに子供と日本橋でんでんタウンに行った時に 120khzのゲーム試遊機があって FPS何のゲームか忘れたが 展示されて 触ることができた。

あの滑らかさとヌルヌル感 これまた衝撃が走った!この時に次は、絶対にこれを、買おうと

まぁ、でも 実際液晶ディスプレイ自体あんま 壊れる物でもなくて かれこれ6年から7年つかってるのかなぁ こだわらなければ 問題なく使えてるディスプレイを、交換とは、リッチマンがする事で 親父ゲーマーには、なかなか手が出ない物です。

その倍速液晶の中の更に上位ランクのNVIDIAのビデオカードと連動して 周波数が変わる Gcyncと言う液晶ディスプレイが 発売日された 値段は、あり得ない値段だが そうそう壊れる物でもないので 長いスパンで考えたら ビデオカードなんかよりも遥かにコストパフォーマンスは、高い。

ボーナスでここ最近買いたい病にかかっている訳だが 色々探ってみると 何やら gcyncの対抗馬でfreesyncなるものが 登場していた、勿論これは、AMDが開発してるもので RADEONのハイエンドカードじゃないと 使えない機能だ。

私は 別にNVIDIA信者でもAMD信者でも無いので その時にやりたいゲームが どちらの方がスペック出るかで 決めている。

そんなことから 今は、まだ 買い時では無いと思った 技術的にも まだ発展途上だし。
gcync対応ディスプレイも数が少なく高額だ freesyncに、関しては、そもそも私の使っているカードがGeforceなので ハイエンドを、買い換えるような 事は出来ない以上 どないもならんので 現状選択肢としては、あり得ない

ただGcyncより freesyncの方が規格とかの関係で 幅が広いので 普及は、しそうな気がする。

詳しくは、調べると いっぱい出てくるぬで そっちを参照して欲しい。4gamesは、非常に解りやすい。

そんなこんなで 買いたい病を、freesyncという薬で なんとか抑え込んだ。

zalman GT1000 後部ファン交換

ネットで買うつもりだったんですが、時間もあったので バイクで子供と日本橋に行ってきました!

久しぶりで もっと長く見てたかったんですが 子供が飽きてきてたので さらっと決めて帰って来ました。帰り途中後輪に違和感を、感じて 信号待ちの停車中に後輪を、見てみると!!!

パンクしてる!何ぃー!!

本当は、そのまま走ったらダメなんですが、家までの距離が まだ そこそこあったのと 子供も乗せていたので歩いて帰るのは、無理と判断して ゆっくり走って帰りました。

帰ってケースファン付けたかったんですが パンク修理しないと 明日バイクで通勤出来ないので 取り急ぎ 自転車のチューブ 修理キットで 応急処置して 治しました。

刺さってたものが あり得ないもので 度肝抜かれました!!!

アルミの刃物の、ような形状の物や 画ビョウの様な針 切り粉など 多分どっかの鉄屑屋が 落としていった物が 散乱していて それを、踏んでしまったみたいですが
あの道走っていた他の車やバイクも同じ目にあっているはず 最低な人間です!

きっちり責任とらして欲しいですね!

まぁ とりあえず修理して PCケースファン取り付けに入ります。

急いで撮ったのでピンぼけ~

コルセアのギラつかない 鈍く光タイプです。価格コムにも書きましたが オッサンなので ギラギラは、しんどいので 優しく光タイプが良かったんで!

思惑通りで、良い感じに光ました。





ファンのせいで ハードディスクの音がかきけされましたが 夏場の事も考えると ある程度 ファンが、無いと この夏乗り切れないので 致し方ありませんね。

全面の80ミリファン2つも付けないといけないので 夏までに何とかしたいと思います。

CPUファンも欲しくなってきたなぁ…

念願のPCケース zalman GT1000

私が、パソコンのパーツに 興味を、持ち。

本格的に、PCケースも こだわりが出だした当時 店頭で一際目立って展示機に採用されていた PCケース それがzalman GT1000 未だにアルミのPCケースは、値段が高く ケース自体も大型化していき

ここ最近は、また少し小型化してますが。

当時フルタワー並の値段のミドルケースで5 6万位していたと思います。
サイドパネルも クリアパネル採用 今では当たり前ですが 当時は、数少ないケース
アルミの板厚も4ミリと 当時ミドルケースの中ではそこそこ大型だったと思います。

どうしても欲しくて何度も買おうか迷ってたんですが 値段の関係で断念

cm690の使い心地が良すぎて そのまま時が過ぎてしまい 店頭では、姿を、消してしまったGT1000

ヤフオクで何度か見かけて入札も考えましたが 見送ってしまい 買えずじまいでしたが 今回入札に成功して 落札できました!

何の迷いもなく 買ったのは良いんですが

実際来てみると外観は大変綺麗でしたが

中身の構成が メチャクチャ古い…

勿論 配線は後ろに回せませんし フロントUSBも2.0 電源の位置も 今は、主流は、背面の下配置が 多いですが GT1000は、上背面です

使い心地は、さすがに最近出ているPCなんかより よっぽど使いにくいですが 良かった点は、あくまでcm690との比較ですが 静か過ぎて ハードディスクの音が聞こえるようになりました。

後 ケースの厚みが厚いので 共振による 音がなくなった。

見た目は、地味ですが 落ち着いたケースになりました。歳が歳がなので これぐらいで良いかと!

組み上げる前


組み立て後


音源ボードの赤のイルミが うっとおしいですが 背面の緑のファンは、予算が出来たら買い換えるつもりです。

フロントのファンまで取り除かれて 届いたのでフロントファンも2つ買わなければいけません

色は、白か、パープルか、青で揃えるつもりでいます。

サイドカバーは、中身が見えるようになっています。


中身が見えるとカッチョいいCPUクーラーも欲しくなりますが オーバークロックしたり しないのでとりあえずは、リファレンスで 良いかな!

CPUクーラーは、マザーが変わると 使えなくなったりするので 嗜好品の域だと思う。

PCを、自作でやりはじめて思ったのは、パーツ自体の寿命が来る前に 買い換えてしまうので グラボは、妥協出来ないので
他のCPUやマザーは、ある程度コストパフォーマンスの一番良いヤツに 変えて行くのが ここ最近は、良いかなって思ってます 全て最高級にしても すぐに古くなってしまい 次の型に合わなかったり するので ゲームするのがメインなら シングルGPUのハイエンド SLIやCross fireは、対応していないゲームがあるので オススメ出来ない 動作も不安定になりがち

実際の体験を、元に書いてますので 参考までに。

今回は、古いケースを、買いましたが 実際ゴム、プラスチック関係の劣化が激しくて 自分で手を、入れて治さないと この先使えないと思いましたが

多分この先もこのケース使い続けるので 使い勝手の悪いところは、自分で改造していくと思います。

では、このへんで







プロフィール

gtxman

Author:gtxman
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
入隊数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。